家相のよい家づくり

A.Imamura A.Imamura
NIDO一級建築士事務所 Modern living room Solid Wood Wood effect
Loading admin actions …

家相は、風水同様に方位や九星気学で家の間取りや使用の吉凶を判断するものです。家相は風水と異なり、日本特有の気候風土や自然との調和を考えつくられてきた住まいの診断方法です。家相診断では風水とは少し異なる間取りや部屋ごとに良いとされる方位があります。今回は、そんな家相診断でみるよい家の間取りを紹介してきます。

家相と風水の違いは?

家相と風水は、似ていますが異なります。風水は基本的に、土地や気候などの自然エネルギーをうまく取り入れ、運気を上げようとする考え方です。衣食住など自分の住まいの環境を使って運を開いていこうとします。一方、家相診断は間取りをみて、その家に住むことでどのような生活になるのかを考えます。主に住みやすい間取りをみると考えて良いでしょう。


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

※ の写真ページ

家相診断でみるリビングの注意点

家相診断では、凶相となるリビングの方位はありません。注意するのは火気の位置と言われています。「正中線」・北東と南西の中心線「四隅線」上にストーブやコタツなど暖房器具を設けると凶相に転ずると言われています。最も注意しなければいけない火気についの注意事項ですね。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している建築家 ※

家相診断でみるトイレの位置

一般的に、北東方向は「表鬼門」と言われます。この方向は日当たりが悪くジメジメとし、冬は寒い場所になります。そんな湿気が滞り易い場所にトイレを配置するのは良くないと言われています。確かに昔の家の間取りは、鬼門から避けるように水回りのトイレ、お風呂はすべて東南方位に集中させていますね。現代でも、冬場のヒートショックを避けるためにトイレはリビングや寝室との気温差ができにくい場所に配置すると安心ですね。


【住まいづくりついては、こちらの記事でも紹介しています】

 調湿で快適な住まいをつくる

家は巽向きに建てる

大工さんはよく「家は巽向き」と言います。巽向きというのは東南方向を指しますが、巽向きの家は朝、昼、夕と全ての時間帯で家に陽があたるようになります。リビングの開口部が南向きに位置している家は、大概巽向きです。南側の一番陽のあたる場所にリビングを配置するのはやはり家相の理ですね。一方、南向きに家を建ててしまうと、反対面は北向きなので家に陽の当たる箇所や時間帯が偏ります。この場合、北側の外壁がカビたり、日陰が多くできてしまうことがあります。

風水同様に大事な玄関

鬼門・裏鬼門を意識するならば、玄関の位置にも気をつけましょう。家相では風水同様に、良い運気も悪い運気もやはり玄関から入るといわれています。玄関は、鬼門や裏鬼門に配置しないようにしましょう。鬼門とは北東、裏鬼門とは南西を指します。

インナーガレージは駄目?

車庫の間取りはどの方位でも吉相にはなりません。しかし、建物の一部が車庫になるのは凶相と言われています。インナーガレージに用いられるコンクリートで固められた土間床空間は屋外のように冷えるので、家相診断でも良くないと言われているのかもしれませんね。現代の建築技術と工夫でもちろんガレージも快適な場所にすることは十分可能だと言えます。

廊下は、家族間に影響

家族が移動する廊下は、方位よりもどのように通っているかが問題になります。部屋の周囲を廊下で囲むのは凶相。家の端から端まで通り抜ける廊下は家族内のトラブルを招くと言われています。確かに廊下で隔てられている住まいは、家族間でプライベートをしっかりと保てますが、お互いに何をしているのかわかりずらい距離感がありますね。最近では、出来るだけ廊下を設けないオープンな間取りが人気です。

クローゼットの方角と片付いた家

湿気がこもりがちなクローゼットは、北・北西・北東に配置する方角を避けるようにと言われています。また結露対策や通気を良くする工夫が大切です。カビが生えると凶相です。通気性のために収められるものが限られてしまうクローゼットは、折角スペースがあってもモノがしっかり片づけられません。居住空間にモノが溢れてしまうなどといったことにならないように、クローゼットの位置にも気を付けましょう。

寝室は北西が良い

寝室は北西の方位に位置するのが良いと言われています。北西向きの部屋は、日の出からお昼過ぎまでは陽がさすことがないので確かに寝室には最適ですね。寝室の正中線・四隅線上に寝室の開口部を設けない方がよいとされています。家族の行き来が多い住まいの中心に出入り口がないほうが、質の高い睡眠時間がとれそうですね。

浴室は窓と換気が大切

浴室には、窓は大きくしっかりとることが良いとされています。洗面室にも換気扇を設けて、浴室の湿気を効率よく逃がしましょう。湿気やカビ、古い水が溜まった状態は、カビの原因や、家そして家族の健康にも影響します。


Discover home inspiration!