中庭をもっと身近に感じられる平屋の住まい

Kanako.K Kanako.K
福田康紀建築計画 Modern living room
Loading admin actions …

ゆったりとした敷地が理想的な平屋の住宅。魅力的な住空間を叶えるなら、緑ある風景や心地のいい日差し、風通しの良さが大きなポイントになりそうですよね。ご紹介するのは中庭スペースを一体的に感じられる平屋の住まいです。福田康紀建築計画が手がけたこちらの「福久の家」は、中庭に面した大きな開口とリビング・ダイニングスペースが一体感を感じることのできる開放的で広がりのある住空間が特徴です。ゆったりとした玄関土間からダイレクトに中庭、リビング、そしてキッチンへとシンプルな導線でありながら機能的でフレンドリーさのある心地のいい土間スペースが魅力の一つでもあります。

スッキリとバランスのいい外観デザイン

穏やかな住宅地の一角、接道から見る本住宅はモノトーンの外壁にライトグレーのコンクリート打ち放し壁がモダンでスッキリとした印象を与えるシンプルなデザインです。一見は無機質なテイストですが、所々に植えられた植栽の緑が心地よく周囲に親近感と緑ある風景を魅せてくれています。ゆったりと広い駐車スペースもどことなく外部と住宅を緩やかに繋げてくれる安心感も感じられますよね。

シンプルな導線で屋内外を一体的に

玄関エントランスへと踏み込むと、ゆったり広い玄関土間スペースに。奥へと進めばリビング・ダイニングスペースの広がる大空間へ。廊下やホールという空間を省いてダイレクトに接続する家族の寛ぎの空間は知人や来客とも気軽に過ごせる場所です。土間スペースは室内とダイレクトに繋がるだけでなく、中庭へもアプローチすることが出来ます。靴を履いたままでも、室内からでも同じ中庭を愉しむことのできる一体感を感じられるプランです。

ハイサイドライトで明るく気持ちのいいインテリア

ダイニングスペースから室内を見渡すと、勾配天井で高めの天井にハイサイドライトのある明るく開放感あふれる空間です。二方向に開くハイサイドライトは日の移ろいをしっかりと長く感じられる心地のいい住空間に。大開口を目の前にしたリビング・ダイニングスペースはコンパクトな住まいながら空間の広がりを十分に感じることの出来る充実した住空間です。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のダイニングを紹介しています。◀

※ ダイニングの写真ページ

回遊できる機能的な導線

キッチンスペースはホワイトカラーと木素材のナチュラルなカラーが清潔感と柔らかな印象を与えてくれるデザイン。セミオープンでダイニング、リビングスペースからは調理する手元を隠しつつも、家族や来客とコミュニケーションのとることが可能です。リビングを介さずとも玄関土間から収納スペースを通ってアプローチできる回遊的な導線も便利ですよね。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】 

※ 対面キッチンとダイニングテーブルの横並び配置のメリット・デメリット

温かみある心地のいい夕景の住空間

日が落ち、室内に明かりが灯ると、温かな雰囲気に満たされる住空間に。リビングの大きな開口もプライバシー性の高い中庭に面することで夜でもカーテンいらず。ガラスに映り込んだ室内の様子もまた昼間とは違った室内の雰囲気を楽しむことが出来ます。シンプルにホワイトカラーを基調に木素材の温かみあるインテリアでまとまられた空間は、居心地のいい空間デザインですよね。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

※  理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ


Discover home inspiration!