Houses by モリモトアトリエ / morimoto atelier

地震に強い家にする方法まとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.
Loading admin actions …

地震に強い家づくりをしていき、万が一の大きな揺れに備えた安心できる住まいにしたいと多くの方が思われているのではないでしょうか。世界でも有数の地震大国であるため、日本では過去の経験を活かしながら様々な耐震技術が開発されてきました。そこで今回は、あなたの住まいにも取り入れていける地震に強い家にしていく方法を紹介していきたいと思います。長く安心して暮らすためにも、住まいの耐震性についてもしっかりと考えていきましょう。

地震に強い家にするために重要な耐震基準について

 Houses by モリモトアトリエ / morimoto atelier
モリモトアトリエ / morimoto atelier

木製目隠し格子とコンクリート打放しの外観

モリモトアトリエ / morimoto atelier

地震に強い家にするためにまず触れておきたいのが耐震基準についてです。現在の耐震基準に沿って建てられた建物というのは、大地震にも十分耐えられる強いものとなります。それは、過去に何度かに渡って耐震基準が厳しく改正されてきたからです。そのため、1981年(昭和56年)以前の古い耐震基準で建てられた建物では注意が必要で、正確にいつ建てられたかやどのような耐震基準で建てられたか、そして旧耐震基準であれば耐震性の強化を行っていきましょう。

写真:金子建築写真室

免震、制震、耐震とは

地震に強い家にしていく方法としてまず紹介したいのが、免震、制震、耐震です。それぞれが異なる原理で建物の耐震性を強化する方法であるため、簡単にその違いを説明しておきましょう。免震は、地面に設置する免震装置の上に建物がのるかたちとなり、その免震装置が揺れを吸収することで建物に揺れが伝わりにくくするものです。制震は、建物のにダンパーといった制震装置を取り付けることで揺れを吸収します。耐震は、壁と床、柱と梁といった建物の構造そのものを堅くつないでいき、揺れに対して建物が耐えられる強度を持つようにしていく方法になります。

免震の特徴

ここからは上で挙げた3つの方法について詳しく見ていきましょう。まず免震ですが、建物が地面と切り離され、免震装置の上にのっていることで、建物の揺れは大きく抑えられ、建物が倒壊することを防ぐことはもちろんですが、建物内の家具などが倒れることも防いでくれます。それは時に大きな地震が起こっても、建物内にいる人はその揺れに気付かないほどのようです。こちらのユミラ建築設計室が手掛けた住まいのように、既存の建物のリフォームでも免震装置を取り付けることは可能ですので、築年数の古い建物で耐震性に不安がある方は改築と同時に免震装置の設置も検討してみるといいでしょう。

制震の特徴

免震は建物が地面から切り離されるため、建物内に制震部材を組み込む方法よりも地震の揺れを建物に伝えにくくなります。しかし、免震のこのような構造は、台風時などの強風によって建物が揺れてしまう可能性もあります。そうした点では、制震の方法は地震だけでなく、強風時でも建物が揺れないという魅力があります。そうしたことから、高層ビルに効果的な方法として広がっていましたが、近年では一般的な住宅でも取り入れる例が増えています。

写真:近建築設計室

耐震の特徴

耐震でも十分に地震に対して建物が耐えられる強度を持つようになり、多くの住宅が実際にこの耐震工法で建てられています。ただし、耐震の考え方はあくまでも、建物が地震に遭っても倒壊することなく、人々が避難であることに基づいています。つまり、建物は倒壊せずとも、損傷することは許容範囲となります。そうしたことから、余震で繰り返し大きな揺れに遭うと、損傷していた建物の被害がより拡大する可能性があります。

地盤や地下室の制約がある免震

建物に揺れをほとんど伝えない免震装置ですが、建物の下に装置が取り付けられるため、地下室をつくることが難しい場合がでてきます。さらには、敷地の地盤が軟弱であれば装置自体を設置することができない場合もあります。もちろん制震や耐震では地下室が設けられないという制約はありませんし、軟弱地盤でも地盤改良によって建物は問題なく建てることが可能です。免震で地震対策をしていこうと考えている方は、敷地選びからこうした点も考慮しながら進めてみて下さい。

地震の揺れの軽減に比例するコスト

みなさんが一番気になるのはその対策にかかる費用だと思いますが、やはり揺れを大きく軽減してくれる方法ほどコストも大きくなります。免震装置は大きく揺れを抑えてくれますが、その分免震装置の設置には高い費用が必要となります。それに対して、耐震はほとんどの住宅で取り入られているように、多くの場合はこの方法で建物が建てられ、免震や制震装置など特殊な装置を設置することなく、比較的安く地震に強い家にすることができます。ただし、忘れてはならないのは耐震では建物が損傷する可能性があり、それを修復するにもまた費用がかかるということです。

家づくりからできる地震対策

これまで紹介してきた免震や制震は特殊な装置を取り入れることで、建物に伝わる揺れを軽減していくものでした。しかし、それ以外にも家づくりからできる対策もあります。こうした方法は、コストが余計にかかることではなく、逆に建設費用を抑えることにつながることもあります。ここからは地震に強い家にしていくポイントを紹介していきます。

強い地盤の土地

まず挙げられるポイントが地盤の強さです。地盤の強い土地であれば、地震が起きてもそこに建つ建物の揺れは地盤が弱い土地に比べて小さくなります。もちろん軟弱地盤でも地盤改良などを行えば耐震性をアップすることは可能ですが、その分コストは余計にかかります。さらには、そうした土地では液状化現象や地滑りの可能性も出てきます。

写真:KENICHI SUZUKI

高さの低い建物

高層ビルの上の階では地震の揺れが増幅していき、下の階以上に大きく揺れることをご存知の方も多いと思います。これは、建物の重心が高いことによるためで、こうした揺れの大きさは建物の部材が大きく変形することにつながり、倒壊の危険性が高まってしまいます。そうならないためにも、建物の重心を低くすることも家づくりでできる対策です。具体的には、2階建てや3階建てではなく、平屋にしたり、重い物を上の階に置かない間取りしていくことが効果的です。

屋根を軽くする

重心を低くするという意味では、屋根を軽くすることも効果的な地震対策となります。屋根材として軽い素材を取り入れたり、屋根の形状をシンプルにしていくこと、軒の出を抑えて屋根面の大きさを小さくするなどの方法を検討してみて下さい。屋根材については、「住まいにぴったりの屋根材の選び方」も是非参考にしてみて下さい。

家の形状をシンプルに

家づくりの中で様々なことにこだわっていくと、建物に凹凸のある複雑な形態になっていくことも少なくありません。しかし、耐震性に関して言うと、そうした複雑な形態は部分的に地震で異なる揺れを生み出し、それは建物の損壊につながることになります。地震に強い家をつくる上では、建物の形状をシンプルにしていくことが大切になりますし、単純な形の建物は複雑なものよりも建設費用が安いというメリットもあります。

定期的なメンテナンス

 Houses by Briand Renault Architectes
Briand Renault Architectes

Façade Ouest, avec verrière sur le jardin d'hiver

Briand Renault Architectes

家づくりは建物が建ったら終わりというわけではありません。何十年も住み続けていると、雨漏りなどどこかしら建物に不具合が生じていきます。そうした不具合を長期に渡って放置していると、建物の構造部分を損ねることになり、それによって耐震性が急激に落ちてしまうことにもなります。地震に強い家であり続けるために、定期的なメンテナンスも重要なポイントとなります。

鉄筋コンクリート造の堅牢さと木造の温かみを持つ混構造

住宅の多くは木造で建てられますが、単純な耐震性では鉄筋コンクリート造の方が上になります。しかし、住宅には木の温かみが欲しいという方もいらっしゃるでしょう。そこでおすすめなのが「混構造」です。混構造とは、複数の構法を組み合わせてなる構造のことで、住宅では建物の下を鉄筋コンクリート造で、上を木造で構成する混構造がよく見られます。これによって、鉄筋コンクリート造の堅牢さと木造の温かみを家づくりで活かしていくことができ、住まいづくりの幅を広げることにもつながるでしょう。

まとめ

地震に強い家にしていく方法をいくつも紹介してきましたが、どの方法にも少なからず長所短所があり、この方法を取り入れれば100%安全な家を建てられるとは言い切れません。当然想定外の大震災が発生する可能性もあります。そうしたことから、紹介してきた方法を組み合わせていくことが大事になってきます。安心して長く暮らしていくためにも、納得のいく対策を講じていきましょう!

写真:イメージグラム

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

 Houses by Casas inHAUS

Need help with your home project? We'll help you find the right professional

Discover home inspiration!