キッチンの収納、デザインにもこだわる?

Aya F. Aya F.
株式会社リボーンキューブ Modern kitchen
Loading admin actions …

キッチンの収納は、特に料理をする人にとっては、あればあるだけ助かるもの。使い勝手の良いストレージは台所廻りでの効率をアップさせてくれますよね。インテリアにこだわりのある方であれば、調理台廻りのデザインにもこだわりたいのでは?今回は、スタイリッシュで使いやすいキッチン収納をご紹介していきます。リフォームや新居のカスタマイズのアイデアの参考にしてみてくださいね。

キッチンの収納もおしゃれに見せよう

収納の方法には、隠す収納、見せる収納がありますが、雑多になりがちなキッチンでも、見せる収納で上手にアレンジされている方もいらっしゃるようです。こちらのお宅では、II型のオープンキッチンで、壁沿いにはオープンシェルフが設置されています。落ち着いた色合いの木でまとめられたこの空間に合わせるように、棚の天板は古材が使われていて、シックですね。物を詰め込みすぎないことで、抜け感が出てスタイリッシュに。

オープンキッチンはシンク下も上手に活用

Old-Meets-New Krantz Designs Modern kitchen
Krantz Designs

Old-Meets-New

Krantz Designs

広々とした台所は、料理人の夢ですよね。最近ではオープンキッチンを取り入れる方が増えているようですが、ダイニングやリビングにいる家族とコミュニケーションしながら料理ができるのが大きなメリット。こちらのお宅では、L字型のアイランドタイプが取り入れられています。大容量のシンク下収納では、本や器だけでなく、なんとドリンク用の棚まで!調理している人を邪魔することなくドリンクサービスができて、とても使いやすそうですね。

見た目にも楽しく!

台所には、食材や調理器具、食器だけでなく、そこに付随する細々としたアクセサリーが配置されることになりますが、その形状によっては置き場に困ってしまうということもあるはず。例えばドリンク用のタンブラー。意外にサイズが大きいので、コンパクトな食器棚では幅を取りすぎてしまうのでは?そんな問題に対してこちらのお宅は、見て楽しい解決方法を提示してくれています。壁を使った収納です!フックで固定された紐にピンチなどを使って吊るしています。網状の袋に食材を入れて吊るすのはなかなかのアイデア!ぜひ真似したいですね。

背が高い住人なら壁も上手に活用

Dining homify Industrial style kitchen
homify

Dining

homify

収納が視界に入る高さのところにあると、使いやすいのですが、オープンシェルフではちょっとごちゃごちゃとした印象になってしまう事も。インテリアのスタイルとしてそれがマッチする――例えばインダストリアル風のお宅ならば、そのようなざっくりした収納方法もおしゃれに見えるかもしれません。こちらでは、レンガ造りの壁の、天井に届くほどの高さの位置に棚が設置されています。小さい人にはとても無理ですが、背の高い方の住まいであれば、こんなポジションの棚もうまく活用できそうですね。

パントリーを隣接させて

料理マニアの中でも、しっかりストックがないと心配になる人とそうでないタイプがいます。また、いろんな国の料理を作るために、調味料や食材がたくさん必要になるということもありますよね。こちらの台所は、大阪の建築家・Atelier Mの手がけたお宅のもの。コンロに隣接したところに大きなパントリーが設置されています。調理台からも近いポジションにあるため、動線がシンプルで使いやすそうですね。

意外?!な調理器具の配置

大きな鍋やフライパンは、なるべく邪魔にならない場所、取り出しやすい場所に収納したいもの。とはいえ、ベストポジションって人それぞれだったりします。壁に吊ってみたり、シンク下の引き出しに仕舞ってみたりという形が一般的だと思いますが、こちらではかなり意外なポジションに置かれています。調理台脇にポールを渡して、そこに吊るす形にすることで、視界に入りづらく、ミニマルでスタイリッシュに、かつ使いやすいポジションに!素晴らしいアイデアです。

【キッチンについては、こちらの記事でも紹介しています】

対面式キッチンvs壁付きキッチン

キッチンを使いやすくするために押さえておきたい6つのこと

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼ 

募集ページはこちら


Discover home inspiration!