変形敷地によって個性的となったナチュラルな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
すわ製作所 Eclectic style living room
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、変形敷地をポジティブに生かして個性的な住空間が生まれている家族の住まいです。自然素材に包まれた優しい雰囲気の室内インテリアも、リラックス感にあふれていてこの住宅の大きな魅力となっています。変形敷地に住宅を計画している方、自然素材の住まいに憧れている方には、家作りの際の何かいいアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、東京を拠点に活動しているすわ製作所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか。さっそく詳しく見ていきましょう。

優しい雰囲気の外観

住まいのロケーションは神奈川県鎌倉市。ゆるやかな上り坂の途中に建てられているこの住宅には、自然に恵まれた環境での生活を求めて、都心から移り住んだというご家族が暮らしています。家の前の坂道は、鎌倉の観光スポットとなっている公園につながっており、常に人通りが多いことが特徴です。そこでご家族のプライバシー面を考えて、生活の中心となるLDKは2階に設けられた構成となっています。板張りの外壁がナチュラルな雰囲気を醸し出しており、優しい雰囲気の外観ですね。

変形敷地を生かした個性的な形

住まいの敷地は扇のような形の変形敷地となっています。それを生かすように、住まいの建物も個性的なフォルムをしているのが特徴です。また敷地の周辺には木が生い茂っており、そこからナチュラルな板張りの外壁をした建物がのぞいているのが印象的。2階にはバルコニーも設けられていることが分かります。

明るい玄関

こちらは玄関周辺の様子です。木製ドアを開け中に入ると、広々とした土間が広がっています。室内は自然素材の風合いがダイレクトに感じられる作りとなっており、凹凸のある天井の作りが特に印象的ですね。地窓も設けられ、明るく心地よい玄関ホールとなっているようです。

住まいを縦につなげる階段

吹き抜けとなった階段ホールの様子です。階段部分はシンプルなデザインながらも黒が使われており、ナチュラルで優しい雰囲気の空間をキリッと引き締めています。吹き抜けの作りなので、帰宅して玄関に入ってきた時も2階のLDKに何となくその気配が伝わり、家族も安心ですね。住まいの縦の空間をつなぐ役割だけでなく家族をつなぐ役目も果たしているようです。シャンデリア風の照明が室内インテリアに少しゴージャスな印象をプラスしています。

一体感のある2階空間

こちらは2階のLDKをのぞんだ様子です。天井と壁の凹凸がインテリアのアクセントとなっており、空間にいいリズム感をプラスしています。階段部分との間に壁はあるものの、空間はそれほどきっちりと仕切られてはいないので、1階空間と一体感のある作りになっています。2階には薪ストーブも設置されており、寒い冬に時期は優しい暖かさで住まい全体を包み込んでくれます。

家族が集まるリビング

この住まいのリビングの中心部は、床を少し掘り下げた作りとなっており、これによって家族のみんなが自然と集まりやすい雰囲気を生み出しています。一緒に何かを食べたり、おしゃべりを楽しんだり、住まいの中できっと憩いの場となっていることでしょう。また2階のリビング、ダイニング、キッチンは、それぞれに斜めに配置された木壁によってゾーン分けされていますが、ゆるやかな連続性があり居心地のいいLDK空間となっています。


Discover home inspiration!