modern Houses by 株式会社コヤマアトリエ一級建築士事務所

自然の移ろいを感じられる家—開口と風景と光の関係

JUTO JUTO
Loading admin actions …

ある場所で建物を建てる時、周辺環境の文脈を読み取り、ネガティブな要素に対しては最前の解決策を、そしてポジティブな要素に関しては最大限に生かそうとするのも建築家の役割です。東京に拠点を置くコヤマアトリエが手がけたこの住宅は東京郊外の湧き水が溢れ、雑木林の風景が残る長閑な地域に建てられました。さっそく紹介したいと思います。

一文字葺の外壁と造形が作り出す魅力的な佇まい

大きな桜の木が残るゆったりとした敷地の西側には貸し駐車場があり、ファサードをやや閉じたデザインを採用してしています。亜鉛合金鉄板一文字葺が陰影によって独特のパターンを織り成す外壁に切り込まれたスリット。実は坪庭なんです。

開口のポジションを丁寧に考える

ニュートラルな箱型のボリュームの南側と東側のファサードには、テラスに面した大きな開口部の他、内部空間との兼ね合いも含めて慎重にポジションを設定した四角い開口部を上下階にリズミカルに設けています。また木々が落す影によってガルバリム葺きの外壁に表情が加わり、控えめながらも魅力的な佇まいを見せていますね。

周囲のコンテクストを踏まえた家づくり

道路を挟んだ向かいには広大な雑木林があり、そんな風景が敷地内の既存の樹木や新規に加わった植栽によって緩やかに連続し、周囲の環境に馴染む住宅が生まれました。シンプルなコンクリートのアプローチと砂利や置き石を組み合わせたミニマルな外構が素敵ですね。

ミニマルなのに存在感のあるテラス

南側にはグレーチングを敷いた珍しいテラスを設けています。大きな開口は内側は木製、外側はアルミニウムの高性能なハイブリッドな建具を採用。メンテナンスフリーに近い亜鉛合金のファサードとともに、住環境や機能性にも注目した住宅なんです。玄関ポーチと同様、薄い鋼板の庇がミニマルな雰囲気を演出したスタイリッシュな外観です。

吹抜けのあるリビング

テラスに面した居室は、天井の高さが魅力的な家族団らんの場です。開口のない閉じたファサード側の大きな壁に対して床座りのスタイルが、空間の広がりを余計感じさせますね。

天窓のもたらす効果

ローテーブルのエリアの他にもソファのスペースも確保されたリビング。天窓からの優しい光、そして壁と天井のギャップを貫く梁の描き出す影が大きな壁を介して、自然の移ろいを室内に届けてくれます。吹抜けの空間に満ちる神々しささえ感じられる光の演出、是非参考にしてみてはいかがでしょう?

風景を切り取る開口

リビングの横には天井の高さを抑えたダイニングとキッチンが続きます。適切な場所に配置された開口からは様々な風景が切り取られ、室内にもたらされます。ダイニング上の上階のテラスとも開口によって緩やかに繋がる広がりと奥行きを感じさせる設計です。

タイムレスな北欧風のインテリア

引き戸によって仕切ることが可能なキッチンは、適度な空間や動線の連続性を確保しながら、必要に応じて遮断できるので便利ですよね。北欧風のナチュラルな木でまとめたキッチン、建具、フローリング、家具が自然体で暮らせる穏やかな雰囲気をもつインテリアとレイアウト、取り入れやすいタイムレスなデザインなので、是非参考にしてくださいね。

坪庭という仕掛け

玄関を入ると坪庭が迎えてくれるホールから、雁行式に主要生活空間へと続きます。住宅の中にこのような「空隙」を利用した抜けを設けると、多様な空間体験や視線の交差、そして空気の循環のような作用が期待できるかと思います。何よりも自然の美しい眺めが家に帰ってくると出迎えてくれるのはほっとするし嬉しいですよね。

modern Houses by Casas inHAUS

Are you looking for help to build or renovate your house? Write us! We'll help you find the right professional.

Request free consultation

Discover home inspiration!