愛犬と暮らす天窓のある家

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

愛犬と暮らす天窓のある家

Michi Koba Michi Koba
 Kitchen by 高橋直子建築設計事務所, Minimalist
Loading admin actions …

都心の住宅地で隣家が迫る場所に建てられたこちらの住まい。クライアントが愛犬と暮らすための小さな住宅ですが、水回りや収納をコンパクトにまとめ、なるべく仕切りを使わないことで広がりが感じられ、また天窓を効果的に用いることで、明るく開放感ある空間が実現しています。では早速見て行くことにしましょう。

​都心の住宅街に建つ

敷地は東京都世田谷区の住宅街の一角に位置します。3棟建売住宅の中央に位置する家を建て替えて計画されたのがこちらの住まい。一人暮らしのクライアントと愛犬のための家です。外観でまず印象的なのが変形的な屋根の形。シンプルなボリュームではありますが、この屋根形状と二つの窓が外観に特徴を与えているモダンな佇まいです。上部開口の奥、トップライト越しに空が見えているのも面白いですよね。

外部に開放できる一階部分

一階には愛犬のドッグランが設けられています。正面の大きな扉を開け放てば、外部とつながる半屋外的空間となります。

1階のドッグラン

こちらがそのドッグランの様子。床はモルタル仕上げ、愛犬が駆け回ることのできる空間です。奥の壁は板張りで仕上げられモノトーンのシンプルな空間に温かみを添えています。この壁の奥にはバスルームが位置します。

天窓から降り注ぐ光

階段方向を望みます。隣家が近接しているこちらの住まいでは、採光確保が課題となりました。そこで建築家は、屋根の頂部に天窓を設け、さらにその下を吹き抜けとすることで1階まで光が届くよう計画しました。上部から降り注ぐ陽光で空間が明るく照らされています。

​空を切り取る天窓

1階から階段吹き抜けを見上げます。ちょうど真上に天窓があるため、とても明るく、切り取られた空も美しいです。

開放的な一室空間

こちらは2階リビングの様子。2階は半分が吹き抜けになっており、屋根頂部に設けられたトップライトから光の射し込む明るく開放的な空間です。天窓は枠を隠すようにデザインされているため、切り取られる空がよりシャープに美しく見えます。奥にはテラスもあり、屋外空間を楽しむこともできます。右上に見えるキャットウォークは、3階の寝室から道路側に設けられた開口への避難用として設けられました。

個性的なオリジナルキッチン

リビングからキッチン方向を望みます。キッチンはオリジナルキッチンで、コンパクトながらデザイン性に富んだ個性の光るものとなっています。キッチンには少しドットの入った黒の人工大理石、面材にはナラ突き板が採用されました。

メリハリのあるインテリア

真っ白の天井と壁に、床や階段手摺、キャットウォーク等の濃色がアクセントを添えると同時に空間にメリハリをもたらしています。キッチン上部の浮いている部分は寝室となっています。

​仕切りのないバスルーム

シンプルなデザインでまとめられたバスルーム。洗面室、トイレ、そして浴室の間には一切仕切りが設けられておらず、そのため空間に広がりが感じられます。クライアントの生活スタイルにさえ合致していれば、このようなスタイルで開放的なバスタイムを楽しむのも素敵ですよね。

 Houses by Casas inHAUS, Modern


Discover home inspiration!